スポンサーリンク

※7月13日追記

イーブイはポケモンサン・ムーンで進化は増えないことが確定しました!

なのでそれまでの予想としての与太話だと思って下さい。

 

ポケモンサン・ムーンではイーブイの進化は増えるのか?

ポケモンサン・ムーンに対して皆が思っていることだと思います。

 

※本記事ではイーブイに対する考えを私なりに書いていきます。

なので後にポケモンサン・ムーンの新情報が出回った時に

イーブイの進化が追加されようがされまいが、私に責任はありません。

 

それでも私はポケモンサン・ムーンで

イーブイの進化系が増える事を望んでおります

皆さんもイーブイの進化系は増えてほしいですよね?

そうお考えになっているのであればアナタと私は仲間です^^

 

イーブイの進化系一覧

 

ポケモンサン・ムーン イーブイ 進化

 

ポケモン大好きで特に廃人の方には説明不要かと思いますが、

XY以前にDP世代位からポケモンから離れてしまい、

サン・ムーンから復帰したい方の為にイーブイの進化系のデータを掲載します。

 

①イーブイ

種族値:H55-A55-B50-C45-D65-S55

特性:てきおうりょく、にげあり、きけんよち

 

初代から登場しているイーブイ系統の原点になるポケモン。

種族値は進化前ポケモンらしく軒並み低いが、

特性てきおうりょくを活かしてのとっておき、きりふだが強い。

 

アニメのレギュラーではAGでハルカ(DP再登場時にグレイシアに進化)

XYでセレナ(ニンフィアに進化)の手持ちで登場している。

 

②サンダース

種族値:H65-A65-B60-C110-D95-S130

特性:ちくでん、はやあし

進化条件:かみなりのいしで進化

 

初代ポケモンでは2番目に早くプテラ、ミュウツーと同じ素早さを誇る。

対戦では現在もイーブイ系統の中で使用率が高いのが特徴。

 

高い素早さを活かし、

アタッカーもサポーターもこなせる凄いポケモン。

それとめざパは氷で固定される。

 

③シャワーズ

種族値:H130-A65-B60-C110-D95-S65

特性:ちょすい、うるおいボディ

進化条件:みずのいしで進化

 

初代から登場し、イーブイ系統の中で最もHPが高い。

ちょすいで水無効、ねがいごとで回復、とけるで防御アップが狙え、

更に高い特攻から繰り出される水技で敵を半耐久しながら倒せる。

 

ちなみに私の一番好きなイーブイ系です。

 

④ブースター

種族値:H65-A130-B60-C95-D95-S65

特性:もらいび、こんじょう

進化条件:ほのおのいしで進化

 

初代から登場する唯一王の異名を持つ不遇ポケモン。

攻撃性能は高いが、長年高威力の物理炎技に恵まれなかった。

フレアドライブを習得できるようになったが、

低耐久と鈍足の二重苦が重なり、採用されることはない。

 

どっちかというとあくび、ふるいたてる、ニトロチャージといった

補助寄りの技を使ってサポートするのが主流になっている。

 

⑤エーフィ

種族値:H65-A65-B60-C130-D95-110

特性:シンクロ、マジックミラー

進化条件:なつき度が最大の時に昼間にレベルアップ

 

金銀から登場。

如何にもエスパータイプって感じの種族値である。

 

エスパータイプで攻撃性能が高いポケモンは似たような性能なので

どう差別化するのかが分かれ目となってくる。

マジックミラーで状態異常に強いので、

そこが他のエスパータイプとの差別化が測れている所。

 

シンクロは基本的に採用されない。

 

⑥ブラッキー

種族値:H95-A65-B110-C60-D130-S65

特性:シンクロ、せいしんりょく

進化条件:なつき度が最大の時に夜間にレベルアップ

 

金銀から登場、可愛い顔した鉄壁要塞。

高い耐久性を誇り、補助技が豊富。

のろいを使って耐久性を更に向上させてから攻撃にも転じ、

(決定力は無いが)

バークアウトで特攻も弱体化させることができる。

 

⑦リーフィア

種族値:H65-A110-B130-C60-D65-S95

特性:リーフガード、ようりょくそ

進化条件:森のダンジョンで苔の生えた岩がある近くでレベルアップ

 

DPから登場、イーブイ寄りの姿をしている。

攻撃と防御が高く、物理受け半耐久型戦法が存在する。

ただし採用される補助技が少ないのが欠点。

 

⑧グレイシア

種族値:H65-A60-B110-C130-D95-S65

特性:ゆきがくれ、アイスボディ

進化条件:氷のダンジョンで凍りついた岩がある近くでレベルアップ

 

DPから登場。

可愛い顔しているが霰パーティの砲台や

ドラゴンキラーとして活躍していたポケモン。

(フリージオと同様にフェアリーに株を奪われた)

攻撃技の範囲が狭いのが難点。

 

自分が種族値、努力値(個体値はまだ)の概念を知った頃に

初めて育てたポケモン。(当時はB6、C252、S252だった)

 

アニメではDP76話でハルカが再登場した時に

グレイシアに進化したことが判明した。

 

⑨ニンフィア

種族値:H95-A65-B65-C110-D130-S60

特性:メロメロボディ、フェアリースキン

進化条件:ポケパルレでなかよしを2以上にし、

フェアリータイプの技を覚えた状態でレベルアップ

 

XYで初登場したが、発売前に公開された映画で先行登場。

映画での中の人はポケモン廃人でお馴染みのしょこたん。

 

種族値配分的にブラッキーのBとC入れ変えた感じ。

とつげきチョッキを持たせれば防御以外は心配することは無い。

 

対戦時の特性はフェアリースキンで固定される。

フェアリースキンでノーマルタイプの技に1.95倍の倍率が掛かるため、

ダブルバトルでハイパーボイスを使うととんでもないことになる。

 

アニメではXY&Z12話でセレナのイーブイが進化をし、

その時に臆病な性格が治った模様。

 

ポケモンサン・ムーンでイーブイの進化は増えなかった!

スポンサーリンク

イーブイの進化系は、ポケモンサン・ムーンで追加されるのかと考えていたら

新しい動画が公開されてこんな画像が出まわってきました。

この画像を見て私は非常に悲しくなりました。

ポケモンサン・ムーン イーブイ 進化

ポケモンサン・ムーンは図鑑にポケモンが、

何段階進化するのかを分かるようになっています。

 

イーブイの場合は分岐進化なので、イーブイの周りのモンスターボールが進化系ポケモンです。

モンスターボールの数は8個ですね、つまりこれはブースターからニンフィアまでの

イーブイの進化系の8体となります。

モンスターボールが9個であれば、イーブイの進化は追加されることが確定したのですが、

生憎モンスターボールが8個なので、イーブイはポケモンサン・ムーンでは進化しないことが判明しました。

オマケ:イーブイのガセ進化画像

ポケモンサン・ムーン イーブイ 進化

ポケモンの新作が発表される度に

ネット上で必ず発生するイベントとして

イーブイのガセ進化の画像が出回ってきます。

(この画像はたしかXYの時だったような)

 

ポケモンサン・ムーン イーブイ 進化

ポケモンサン・ムーンが発表された後には

こんなイーブイのガセ進化の画像がTwitterで出回ってきました。

(見た目からしてノーマルかはがねタイプかな?)

 

このイラストの完成度は非常に高く、

しかもこのツイートをした人物のプロフ画像が

増田順一氏だった為、大勢の人が公式画像だと勘違いしました。

凄く手の込んだイタズラでしたよ・・・・

 

以上でポケモンサン・ムーンでの

イーブイの進化系はどうなるかの考察でしたー。

非常に残念な結果でしたが、イーブイは偶数世代で進化追加の決まりだったので

当然ちゃあ当然の結果だったかもしれないです。

スポンサーリンク