スポンサーリンク

この記事はアニポケXY&Z特別編の感想記事です。

放送前後に何度か更新していきます。

 

アニポケXY&Zシリーズもグランドフィナーレを迎えることができました。

寂しい気持ちでいっぱいでございますが、

ポケモンサンムーンの発売も迫っておりますし、

アニポケの方のサンムーンは発売前日に放送が開始されます。

 

XYシリーズとサン・ムーンでは絵の違いや演出に皆さんは戸惑っておりますが、

サンムーンの雰囲気にはその内慣れるでしょう。

アニポケXY&Z最終回のネタバレと感想!終わりなきゼロ

それでもXY&Zの構成がガチ過ぎたんや・・

勿論アニポケの雰囲気って原作ゲームのテーマや世界観に合わせて

作られているから比べるのはお門違いでございます。

(ただしBW!テメーはダメだ)

 

ちなみにXY&Zの最終回を視聴した後にある人のツイートで、

次回シリーズに繋がらない終わり方をしたので、

無印から続くアニポケの事実上の最終回にしているという解釈が面白かったです。

それなら松本梨香さんが意識した演技ってのはあながち間違いではないかも。

 

取り敢えずサンムーンまでの繋ぎとして特別編を楽しむことにしましょう。

ポケットモンスターサン&ムーンの初回放送日は11月17日の1時間スペシャルです!

しかも2週連続1時間放送の豪華仕様になっております。

サトシ達が去った後にプラターヌ博士達が・・・

アニポケ XY&Z 特別編 感想

今回はXY&Zの最初の特別編ということで、最終回の翌週に放送されます。

BWの時と同じ流れですね、最後にタケシが登場してから3年か・・・

 

最初の特別編の主役はプラターヌ博士とパンジーです。

まさかのプラターヌ博士とパンジーが主役ですよ!

まぁいいか、パンジーはサトシにカロス地方の存在を教えた存在ですし、

フレア団との最終決戦に駆けつけなかったからこれでチャラですね。

 

肝心のストーリーはプラターヌ博士とパンジーがある遺跡の調査に行くということです。

その遺跡にはゼルネアス、イベルタル、ジガルデに関する伝説が残されていた!

遂にゼルネアス達の関係性が明らかに!

スポンサーリンク

というか特別編でようやくゼルネアスとイベルタルに触れるんですね、

XYの看板なのにゼルネアス、イベルタルは本編には登場せず、映画での登場であった。

 

それだけでなくゲーム本編で描かれなかった

ゼルネアス、イベルタル、ジガルデの関係性が語られるということで、

非常に面白そうな内容になりそうです。

 

何故ポケモンZは開発されなかったんだろうなぁ?

まぁ今更そんなこと言っても仕方ないのですけどね。

アニポケXY&Z特別編(48話)の感想!

始終ドキュメンタリー番組のノリでしたね。

パンジーがナレーションでプラターヌ博士が専門家というね。

何か一瞬見るアニメ間違えたんじゃないかってくらい世界観が違いましたね。

 

絶対にこれもののけ姫をベースにストーリー作ったでしょう。

内容は全然違うけど共通点が色々と感じられるし、

ゴジカの先祖らしき人が登場に思わず声出して笑ってしまいました。

 

ゲームのXYで具体的に語られなかったジガルデの役目が映像化されてよかったですね。

イベルタルが命を奪ってゼルネアスが命を与えてバランスを取ってきたけど、

あの王様の様に片方を独占しようとすると、ジガルデが裁きを与えにくるのか。

カロスの伝説のポケモンは自然的によく出来たシステムですね。

 

でも一番すごいのはジガルデの攻撃を受けて生き延びたジャンとゴーゴートですね。

それからジャンは荒廃した故郷と石化したアイラを守る為に生きてきて、

それがゼルネアスの登場によって報われたと思ったが、

アイラは元に戻らなかったのがもどかしい・・・

 

ジャンはこれで満足だったのかな?

それともゼルネアス的には人間の時間で年月が経ち過ぎていて

アイラが元に戻ったとしてもジャンと同じ時を生きることが

不可能だと判断した故のソレなのかな?

 

ジャンの最期を看取った少女は髪型からしてシトロンの先祖であると推測。

この少女がジャンから聞いた話を元に語り部として

生きていくことになると考えると色々な想いが滾ってきますね。

 

シチュエーション的にユリーカはデデンネとプニちゃんに出会うべくして出会ったと考えられます。

EDはプニちゃんのうたでしたね、ジガルデが登場したからそれっぽいかと思っていました。

 

そんでもって次回も特別編が放送されます。

なんとBW以来のデントが登場することに!!

ちなみにアニポケXY&Zは次回でテレビ欄上での最終回となります。

(正式な最終回は前回ですからね)

 

アニポケXY&Z特別編(48話)の感想を終わります。