スポンサーリンク

この記事はアニポケXY&Z40話の感想記事です。

放送前後に何度か更新していきます。

 

ついに襲撃を仕掛けてきたフレア団。

ミアレシティは大パニックに陥ってしまう。

そしてサトシはフレア団の手によって捕まってしまう。

 

フラダリの目的は原作XY同様に不要な人間を淘汰することが目的であった。

そしてアランは騙されていたことに気がついたのであった。

皮肉にもメガシンカエネルギーを悪用する者を危険視していたのに、

アランからすれば灯台下暗しであった。

 

それとね、フラダリがクソコラ素材になるシーンが無かったね、

Twitterも全然盛り上がってないってことはそういうことだね。

 

今後フラダリのクソコラ素材が増えますように・・・

アニポケXY&Z39話感想!ジガルデとフレア団!

衝撃!ジガルデ対赤いジガルデ!

アニポケ XY&Z 40話 感想 ジガルデ 赤

フレア団がサトシを捕えた理由は39話の段階でははっきりと分かっていませんが、

間違いなくキズナ現象でありますね、問題はキズナ現象で何をするのかですけどね。

 

39話にてジガルデ50%フォルムになったプニちゃんは、

フレア団に操られて赤くなったジガルデと戦いを始める。

 

しかしフレア団はプニちゃんまでも操ろうとするね。

この流れからフレア団はメガシンカエネルギーによって

ジガルデパーフェクトフォルムを意のままに操って世界を滅ぼそうとしているよね。

 

それよりもさ、最強メガシンカに登場したダイゴは何してるのよ?

一度マノンを送り届けてからもうホウエンに帰っちゃったのかな?

 

まぁまた登場してもいいけどさ、登場したらしたでサトシとコンタクトするのかね?

一応ダイゴはサトシと会っているけど、

やまおとこポジションだったからサトシの印象に残っているのか微妙な所。

 

それよりもサトシが囚われたことで思ったのですが、

10年前の自分に、「6世代のアニメの最後の方でサトシが囚われポジションになる」

って言っても信じてもらえなさそう。

 

むしろ「サトシは10年後に準優勝する」と言ったほうが信ぴょう性があるね。

何はともあれ、フレア団は色々とめまぐるしく状況が変わっていくと思うから、

目が離せない状況であります。

 

まさに最終決戦に相応しいわ。

実際にポケモンZが発売していたらこんな感じのストーリー展開だったかもね。

アニポケXY&Z40話の感想!

スポンサーリンク

すごいバトルになってきたね。

ミアレ一家がプリズムタワーの突撃、セレナ・マノン・プラターヌ博士がハリさんの救出に向かう。

セレナ班がロケット団と合流する展開熱いね。

ロケット団はいつ正体を表すのだろうね?

 

サトシとゲッコウガがビームを受けてジガルデ同様に操ろうとするけど、

それを押しのけてサトシとゲッコウガがパネェです。

流石スーパーマサラ人とその相棒だ。

 

それだけでなく、アランへの呼びかけとフラダリの考えを真っ向から否定する口上かっこいい!

いよいよフラダリとの最終決戦か、フラダリが原作通りの装備で来たね。

 

フラダリとのバトルは41話からだと思っていたけど、

もうカエンジシ倒しちゃったよ。

そりゃあ7対2だもんなぁ、普通に考えたらフラダリのが不利だな。

 

とはいえ複数で袋にして撃破したからフラダリのカエンジシは凄く強いかもしれんね。

後はメガギャラドスだけだが、問題はジガルデとプニちゃんの開放だね。

ユリーカの想いはプニちゃんに届くのかな?

 

今週もCパートがフレア団に乗っ取られているねw

最後の早口笑ってしまったわ。

 

展開も熱いだけでなく、作画もメチャメチャ凄い。

カロスリーグ編からだけど作画班は無事なのだろうか?

 

これにてアニポケXY&Z40話の感想を終わります。