スポンサーリンク

この記事はアニポケXY&Z37 話の感想記事です。

放送前後に何度か更新していきます。

 

前回マノンと出会ったサトシ一行。

サトシゲッコウガに変身する現象は『キズナ現象』という絆の力で発する物であったが、

視聴者目線ではサンムーンのメガシンカはどうなるんだよという疑問だけが残ったのであった。

 

そして裏ではフレア団が暗躍しており、

カロスリーグ後に壮大な戦いが待っていることを示唆させられるのであった。

アニポケXY&Z36話感想!リーグ後のフレア団伏線?

 

カロスリーグ決勝戦サトシVSアラン!

アニポケ XY&Z 37話 感想 サトシ アラン

待ちに待ったカロスリーグ決勝戦のサトシVSアランの火蓋が切って落とされる。

これまでのアニポケの常識を打ち破ってきた展開に、

サトシが勝つのかアランが勝つのかを全く予想できない状態であります。

 

そして37話の予告にて遂にアランの残りの手持ちポケモンが判明しましたね。

サトシの手持ち アランの手持ち
ゲッコウガ リザードン
ピカチュウ バンギラス
ルチャブル メタグロス
ファイアロー マニューラ
オンバーン キリキザン
ヌメルゴン ケンホロウ

サトシの手持ちとアランの手持ちは妙に対象的ですね。

サトシはピカチュウを除くカロス産のポケモンで、

アランはカントー~イッシュ産のポケモンで揃っています。

 

しかもサトシは氷に弱く、アランは格闘に弱いパーティ構築ですね。

取り敢えずルチャブルはショータ戦での汚名返上を求む。

ルチャブルは体格的にキリキザンと戦うことになるのかな?

 

予告を見た感じだとゲッコウガとヌメルゴンは38話に登場する模様ですね。

来週が楽しみになってきたのである。

 

そんでもってケンホロウを見て思ったのですが、サトシに対する当て付けでしょうか?

かつてサトシはリザードンの事を懐かしがって会いたいという理由でケンホロウをリストラした過去があります。

 

しかもリザードンとまともに戦えるような相手はカイリューしかおらず、

レシラムとの戦いなんてありませんでした。

リザードンとケンホロウが並んでいる構図を見た私は

サトシに対するスタッフからの当て付けだと信じておりますw

 

それと正直な話ここまできたのだからこそ、サトシは負けるのが許されない状況ですし

(長年のアニポケファン目線で)

仮にアランとの戦いの途中でフレア団が行動を開始してカロスリーグがオジャンになる展開はもっと許されません。

シンオウリーグでの伝説厨タクト戦におけるような愚行であります。

 

しかし今のアニポケスタッフは古参視聴者達が望んでいる事を

ある程度汲んだ上でのストーリーを展開している以上ぶち壊しエンドは無いと信じています。

アニポケXY&Z37話の感想!

アニポケXY&Z37話はまさに頂上決戦に相応しい戦いでありました。

「この濃密な戦いをずっと見ていたい」そんな感情が湧き上がってきました。

バトルごとに感想を書いていきます。

 

ピカチュウ◎VSバンギラス✖

砂嵐を水辺にアイアンテールを撃ち、

水しぶきを上げて砂嵐を無効化する如何にもサトシらしい戦術です。

600族のバンギラスを倒すピカチュウの成長を感じました。

 

オンバーン✖VSマニューラ◎

相性の悪い戦いであり、オンバーンはマニューラに負けてしまうものの、

かげぶんしんをちょうおんぱで見分けるオンバーンの特徴を上手く使った戦いでした。

オンバーンが倒れた時に「お前の仇を取ってやると」言わんばかりに

兄貴分のルチャブルが出てきてオレのボルテージが上がった。

 

ルチャブル◎VSマニューラ✖

ショータ戦での汚名返上をするかの如くルチャブルがカッコ良かった。

ルチャブルがマニューラの攻撃を全て受け、フライングプレスで倒したのがまさにプロレスでした。

トレーナーのサトシと弟分のオンバーンとの信頼関係が成せる技であった。

 

ルチャブル✖VSキリキザン◎

開幕キリキザンがでんじはを撃ってルチャブルが麻痺してしまう。

アニポケだと電磁波は大抵負けフラグだったが、実際にルチャブルは負けてしまう。

とびひざげりをかわされたのはマジで痛い・・・でもルチャブルはよく頑張った。

(反動ダメージが凄い)

 

ファイアローVSケンホロウ(引き分け)

序盤鳥ポケモン対決。

別名:6世代の厨ポケVSサトシがリザードンと引き換えにリストラしたポケモンと同種族。

ある意味因縁の対決である。

 

華麗で激しい空中戦であり、カメラアングルがグルグル変わってポッポ肌でした。

結果的にファイアローはキッチリ仕事するなって印象です。

ブレイブバードとゴッドバードのぶつかり合うは熱かった。

 

ピカチュウ◎VSメタグロス✖

個人的に37話の一番の見どころです。

ピカチュウは立て続けにメタグロスの攻撃を受けてしまうが、

コメットパンチの一瞬の隙を突いてエレキボールでの反撃。

ピカチュウは耐久力よりも根性で戦っているかも。

 

そこからメタグロスに飛び乗って10まんボルトでメタグロスの体力を奪う!!

振り飛ばされちゃうが、トドメのアイアンテールが決まった時には鳥肌が立った。

 

ピカチュウVSリザードン

ピカチュウがリザードンにでんこうせっかと10まんボルトをヒットさせる。

ここからリザードンが一気にピカチュウを倒す展開になるんだろうな。

ここで37話は終了。

そしてピカチュウのうたは相変わらず狂気を感じるw

 

残り手持ち

サトシ:ピカチュウ、ゲッコウガ、ヌメルゴン

アラン:リザードン、キリキザン

 

次回!アニポケXY&Z38話はカロスリーグ編最終回です。

サトシは悲願のリーグ初優勝を勝ち取ることができるのであろうか!?

 

これにてアニポケXY&Z37話の感想を終わります。

スポンサーリンク