スポンサーリンク

本記事は2016年7月16日から公開の映画

『ポケモン・ザ・ムービーXY&Zボルケニオンと機巧のマギアナ』

感想予定地となります。

 

機巧のマギアナでポケモンXYシリーズの劇場版完結作となります。

果たしてポケモンXYシリーズのラストを〆る神作品となるのでしょうか?

 

ポケモン映画2016予告PV

予告PVその1

 

予告PVその2

 

予告のバトルシーンを見て、

6世代生まれポケモンVSメガシンカポケモンとの戦いがメインになりますね。

前作の光輪の超魔神フーパ伝説VS伝説+古参ホイホイ要素があったので、

機巧のマギアナは完全に違う方向性ですね。

(ケルディオみたいに純粋に子供向けにしているかも)

機巧のマギアナ前情報と予想

ポケモン 映画 2016 機巧のマギアナ 感想

機巧のマギアナの情報を羅列し、

最後にどうなるかを予想してみました。

 

舞台

傷ついたポケモンが住まうネーベル高原

(冒頭と最後だけ出てくる気がする)

巨大なカラクリ都市アゾット王国

(コッチがメインの舞台)

機巧のマギアナ登場人物(本編の既存人物は除く)

スポンサーリンク

~メインポケモン~

・ボルケニオン(CV:市川染五郎)

ネーベル高原に傷ついたポケモン達と暮らしており人間が大嫌い。

サトシ一行の前に突然空から現れるが

謎の装置でサトシと離れることができなくなり、

仕方なく一緒に行動することになる。

 

・マギアナ(CV:寺崎裕香)

500年前に神秘科学者エリファスの手で生み出された人造ポケモン。

ボルケニオンと共にネーベル高原で暮らしている。

謎の力ソウルハートを有しており、ジャービスに狙われている。

 

~アゾット王国~

・キミア(CV:松岡茉優)

アゾット王国の王女でじっとすることが苦手。

腰に飛行メカを装備して飛び回る。

ジャービスが怪しいので調査をしている。

所持ポケモン:色違いメガサーナイト

 

・ラケル(CV:中川翔子)

アゾット王国の王子でキミアの弟。

神秘科学の研究をしており、その為にマギアナを探している。

所持ポケモン:ペロリーム

 

・ジャービス(CV:山寺宏一)

アゾット王国の大臣。

マギアナのソウルハートを利用し、

王国の支配を目論んでいる典型的な悪役タイプ。

ポケモンを強制的にメガシンカさせる装置を開発した。

所持ポケモン:色違いメガゲンガー

 

・エリファス(CV:????)

マギアナの開発者。

500年前の神秘科学者でポケモンの能力を使った発明品を開発し、

アゾット王国の繁栄に貢献した。

最後にどうなるか?

機巧のマギアナは最後にどんな展開を迎えるの予想ですが、

マギアナが停止するが謎の力でソウルハートが動いてマギアナが復活とか、

ボルケニオンが人間を信頼するようになるとか、

そういったお約束展開が散りばめられるような気がします。

(過去映画みたいにポケモンらしからぬ展開は薄そう)

 

現段階でテーマが分からない以上はアレコレ言っても仕方無いですが、

あくまでも予想なので・・・

マギアナはマジでいいぞ

このページを読んでいる方でまだマギアナ未視聴の方がいらっしゃる可能性を考慮し、

感想の前にオススメする動画を貼っておきます。

迷っているのであればさっさと観に行っちゃいましょう!

機巧のマギアナ本編感想

 

この項目はボルケニオンと機巧のマギアナの感想です。

ネタバレしちゃうので閲覧注意ですよ。

 

ボルケニオンと機巧のマギアナは、

アニポケスタッフがやりたいことを全部詰め込んだような映画でした。

日常、バトル、笑い、涙、絆といった要素が詰め込まれており、

まさしくポケモンXYシリーズ最終映画に相応しい内容でありました。

 

BWシリーズ最終作のミュウツー覚醒よりも何倍も面白かったです。

ゲッコウガはそこまで活躍していないですけど(一応トドメは刺したけど)

リザードンの扱いに比べればマシですし、本編でカッコイイゲッコウガが見られるので良しとします。

 

 

やりたい事つめ込まれているし面白かったけど、

ストーリーは既視感が強くて「ふーん」って感じでした。

『ボルケニオンは人間を嫌っている。』『ボルケニオンと暮らしているポケモンは人間を恐れている』

しかしそれをサトシ一行が徐々に心を開かせていくって流れはとても素敵ですし。

楽しいシーンでしたが、既視感が強くてあまり印象には残っていないです。

 

ただしゴクリンのトラウマには心が抉られました。

捨てられる前に抱きしめられたから抱きしめられりのがトラウマって悲しすぎる・・・

 

でもジャービスの悪役っぷりは歴代映画の中で個人的に一番悪って感じです。

サトシ達やポケモン達を完全に消すつもりでしたからね。

 

個人的に一番の魅力は、敵の要塞に突っ込むシーンです。

(最初に思ったことはラピュタでした)

サトシのポケモンが3体飛行タイプだから『空中戦やるぜ』と言わんばかりの

アクロバティックな演出で凄くカッコ良かったです。

 

メガフーディンの念力で空を飛べないポケモンも空中戦を仕掛けてきて、

それを華麗に捌いていくピカチュウ、ファイアロー、オンバーンが凄くカッコ良かった。

敵がメガシンカポケモンしかいないのにバッタバッタとなぎ倒していくのは爽快でした。

 

後ゲッコウガがアッサリとサトシゲッコウガに変身していたけど、

そんなあっさりした演出でよかったのかぁ!?

(しかもポーズがサン・ムーンで出てきたアレだったし!)

一応ポケモンサン・ムーンの宣伝も兼ねていますから・・・

 

それにしてもジガルデパーフェクトフォルムが登場したのは意外でしたね。

公開当日の段階だとアニポケ本編ではまだ登場していないので、

肩からりゅうのはどうを出したのには驚きましたよ。

 

まぁなんやかんやでボルケニオンが要塞を爆破して感動のエンディングを迎えたけど、

終わり方があっさりしすぎたのかなー、余韻が残っていません。

だからどうにもバトルシーンの印象ばかりが残っていますね。

(要塞突入時のシーンの余韻ばかり残っている)

 

でも頭空っぽにして視聴すれば普通に面白いです。

アレコレ書いてますが、2回目の視聴がしたいと思いましたよ。

ボルケニオンと機巧のマギアナは自分の見てきたポケモン映画で2番目に面白いと思います。

 

私が一番1番面白いと思っているポケモン映画はルギア爆誕です。

もちろん意見は人それぞれなので異論は認めます。

 

来年の映画はポケモン映画20週年記念映画ということで、

超大作になるとのことですが、果たしてルギア爆誕を超える映画は出てくるのであろうか?

 

最後にこんなに面白い映画を作って下さってありがとうございました!

スポンサーリンク