スポンサーリンク

アニポケサンムーンは10話目にして早くも大試練を行うことになったぞ。

ちょいとペースが早いんじゃないかって位ですが、

11話以降はしばらく日常回が続くようですね。

まぁそんなに早いペースでサトシの島めぐりが進むわけが無いと言うわけだ。

 

前回の感想のリンクを掲載致します。

何故イリマは出なかったのであろうか・・?

これじゃあ、マツリカ、マーレイン、アセロラが登場するかどうか怪しくなってきたぞ。

アニポケサンムーン9話感想!イリマはいりません

そんなことは大分先になるでしょうが、

一応登場しない可能性も考慮しておきましょう。

それとハウの存在もね。

アニポケサンムーン10話感想!

アニポケ,サンムーン,10話,感想

アニポケサンムーン10話は、サトシがゲーム同様にリリィタウンで大試練を受けます。

大試練の前に戦の遺跡でお祈りという行事が行われるのが、伝統っぽいですね。

そして案の定サトシは正座で足が痺れているというね。

 

ハラとの大試練は2VS2のバトルです。

ハラの1匹目はゲーム同様にマケンカニです。

マケンカニがアニメで登場することで、

ハサミが取れる設定どうするんだろうなーって気になっておりました。

そして遂に明かされたというわけです。(後述します)

 

マケンカニは予想通りボクシングの構えを取っていますね。

これは間違いなく強いと。

それでモクローは出てくる時に寝てはいませんでした。

流石にやる時はやるねって感じでバトルが開始されます。

 

そしてサトシはマケンカニとの戦いで新たな戦法を編み出します。

モクローは音を立てずに移動できる能力を利用することで、

守りの硬い相手の不意を突くという戦法です。

 

流石ひらめきのサトシ。

デカグースとの戦いに続いてモクローの戦わせ方が分かってきた模様。

サトシ自身のレベルリセットが無かった分、パワーアップも早いですね。

 

モクローがマケンカニを倒すと予想外の事態が発生!

お前バトルの最中に寝るのかよぉーー!!

何というマイペース・・眠って体力を回復したいのか?

これはねむねごを使わざるを得ない。

サトシがねむねごを使ったのは後にも先にもヘラクロスだけですが。

 

そしてハラの本命であるハリテヤマが登場!これは絶対に強いぞ。

ハリテヤマとのバトルは、何だかAGのトウキとの戦いを思い出しますね、

あの時はキモリで倒していましたけど、小型で大型相手にするのは序盤の特有のシーンですね。

 

話の流れを少しぶった斬りますが、DPの時のジム戦の曲流れていましたね。

懐かしい曲流れてるって思わずつぶやいちゃいましたよ。

 

そんでもってね、ハリテヤマにはピカチュウの攻撃がほとんど通らないの。

張り手一発で10tトラックふっ飛ばしちゃうハリテヤマのつっぱり何発受けるんだよと、

思いながらも、何とか回避しますね。

やっぱサトシのピカチュウ耐久力凄まじ良いわ。

 

更にハリテヤマははらだいこからのZワザを放ってきますが、ピカチュウこれも耐えました!

ピカチュウがハリテヤマの攻撃を耐えるには圧倒的なレベル差が必要です。

 

んでここからが10話の見せ場ですけれど、

ピカチュウがでんこうせっか+アイアンテールでハリテヤマの足を攻撃し、地につかせる。

その隙にサトシはZワザを発動。

ピカチュウのウルトラダッシュアタックはかつてのボルテッカーを彷彿とさせる感じでした。

 

長い間縁の下の力持ちとして使われてきたでんこうせっかが決め手になるとは、

何だか感慨深いですね。

というか600族を2タテしたんだから、これくらいやってもらわないとねっ!!

 

見事大試練を突破し、カクトウZを手に入れようとしたサトシでしたが、

カプ・コケコがデンキZにすり替えておいたのさ!!

 

まぁサトシにカクトウZは今のところ無用の長物ですからね。

デンキZでよかったですね。

つまりサトシのカクトウZポーズはEDでしか見ることが出来ないのさ!!

 

というわけでアニポケサンムーン10話の感想を終わりますが、

次回より不定期更新になります。

 

うん、またなんだすまない。

次回は次回で面白そうなんだが・・・・

取り敢えず気が向いたら書きます。次回はカキ主役回だけに。

(カキの試練のようなカオスな展開は期待していないよ)

スポンサーリンク