スポンサーリンク

きまぐれで更新すると決めたアニポケサンムーン感想第1回目です。

何か大事なストーリー展開が行われると感想が更新されるのかもしれませんね。

 

サンムーン8話を持ちまして、2016年のアニポケの放送は終わりました。

XY&Z後半戦から、ありがとうございました。

2016年のXY&Zでアニポケはすんごく盛り上がりましたし、

また2017年もサンムーンの明るい作風で元気になりたいです。

 

んじゃあ与太話はここまでにしておいて、

サンムーン本編の感想書いていきますかね。

アニポケサンムーン8話感想!

アニポケ サンムーン 8話 感想

8話は教室からスタート。

トゲデマルが今まで以上に暴れまわっている・・・

ピカチュウがしょっちゅうマウント取られているけど、

このマウントを取るシーンで、その筋の人が薄い本描いちゃうよ。

 

ナリヤ・オーキドに呼び出されたサトシ一行。

相変わらずポケモンギャグが寒いんだけど・・・

このポケモンギャグが何とかならないかなと思いながら、

ナリヤ・オーキドはサトシが持ってきたタマゴと、

ラナキラマウンテンで発見されたタマゴのお世話に関する話を持ちかけた。

 

8話目にしてもうラナキラマウンテンの話が出て来るのかい!

サトシが持ってきたタマゴとラナキラマウンテンで思ったのですが、

二つのタマゴの中身はロコンに間違いない!!

 

サトシが持ってきたタマゴは茶色だし、

ラナキラマウンテンで発見されたタマゴは白色ですし、

ロコンのような気がしますわ。

 

白いタマゴはサトシ達がお世話することになったが、

夜の学校に置きっぱなしにするわけにもいかず、

リーリエがポケモンを触る練習の為にタマゴを預かることになる。

 

 

さぁここからがゲーム勢達の心配しているシーンだ・・・

迎えが来てリーリエの家に到着、やはり豪邸だったのでリーリエはゲーム準拠でお嬢様ですね。

タマゴをソファーに置くシーンで写真立てがすっごく気になっていたの。

すぐにサトシが写真立てに触れてくれてよかった。

 

写真立てに飾られていた写真は、

幼い頃のリーリエがヨーテリーを抱きかかえています。

そしてグラジオとルザミーネも写っています。

これでグラジオがアニポケに出演することが確定しました。

(原作ライバル枠が登場しないことに定評のあるアニポケですからね、心配でした。)

 

しかし幼い頃はポケモンに触れることができたリーリエが何故今は触れることができないのか?

この謎についてリーリエ自信は「分からない」と答えました。

 

執事のジェームズ曰く、リーリエは以前は別の屋敷に住んでおり、

今の屋敷に戻って来た頃には今の状態だったとのことです。

どう考えてもルザミーネが絡んでいると予想。

既にウツロイドと出会って毒を浴びてしまったか・・・

 

でもまぁこの段階でフラグを立ててくれてありがとう。

彼女らが何時登場するか分からないけど、楽しみにしておきますよ。

アニポケ サンムーン 8話 感想

そして8話の次回予告で出てきたこのモクローの顔が出て来る場面の出番です。

サトシは執事のジェームズとバトルすることになる。

モクロー初めてのトレーナー戦じゃあないか!!

 

このははバンクで描写されているけど、

たいあたりという名のキックがカッコいいじゃないか。

オドリドリのオウムがえしをオウムがえし返ししてしまうのはビックリ!

こんなことサトシしかやらねーよ。

 

モクローのあの顔はオドリドリのフラフラダンスを受けた時の顔でした。

月曜日の社畜のような顔しやがって・・・

 

タマゴを狙ってヤトウモリがリーリエに襲いかかってきたけど、

これ薄い本っぽい描写じゃねーか!

というかこういうシーンで薄い本を想起しちゃう自分は汚れているなぁ・・

その後のヤトウモリ撃退シーンがギャグチックだったからチャラですけどね。

 

この一件により、リーリエはタマゴを触ることが出来るようになりました。

尚、まだポケモンに触れるのはまだ先のことになりそうですね。

ピカチュウはリーリエに触れてほしいんだろうなぁ。

 

以上でアニポケサンムーン8話の感想を終わります。

おまけ:島巡り編が開始するぞ!

アニポケサンムーンは9話より、島巡り編が開始されます。

9話はゲームで言う所のイリマの試練であります。

 

更にこの公式PVではモクローもZワザを使っていますし、

メレメレ島の大試練でハラとバトルしています。

(ハウは多分登場しないんだろうなぁ。)

 

遂にサトシのスクールライフも終焉に向かっているのか・・・

(決めつけるのはまだ早い)

今後の放送も楽しみになりますね。

スポンサーリンク