スポンサーリンク

見た目女王様っぽいポケモンのアマージョ。

進化前のアママイコが可愛いということなので、

見た目が非常に残念なわけですが、

個性的で面白そうな性能をしているというわけで、

育成論を書いてみることにしました。

アマージョのデータベース

アマージョ ラランテス 育成論

タイプ:くさ

種族値:H-70-A-120-B-98C-50D-98-S-72=508

特性:リーフガード・じょおうのいげん・スイートベール

※じょおうのいげん:

先制攻撃を無効化する

 

何だか攻撃的な種族値ですね、それでいて防御・特防が高いですね。

全体的にバランスがよろしいかと思います。

 

先制攻撃を無効化出来ってのも大きいですね。

ドンファンに対して打点を取れそうです。

ただドンファンの使用率は低いと思った方がいいです。

 

こおりのつぶて使いはマンムーの方が使用率が高いですが、

マンムーには素早さで負けているので不利ですね、

アマージョの覚える技

レベル

1.トロピカルキック

1.おうふくビンタ

1.はねる

1.いばる

1.こうそくスピン

1.はっぱカッター

5.いばる

9.こうそくスピン

13.はっぱカッター

14.せいちょう

17.あまいかおり

21.マジカルリーフ

25.フラフラダンス

29.ふみつけ

33.アロマミスト

37.ゆうわく

41.アロマセラピー

49.とびひざげり

 

※トロピカルキック

タイプ:くさ・威力:70・PP15

100%の確立で攻撃を1段階下げる

わざマシン

6.どくどく

10.めざめるパワー

11.にほんばれ

16.ひかりのかべ

17.まもる

20.しんぴのまもり

21.やつあたり

22.ソーラービーム

27.おんがえし

32.かげぶんしん

33.リフレクター

42.からげんき

44.ねむる

45.メロメロ

47.ローキック

48.りんしょう

49.エコーボイス

53.エナジーボール

56.なげつける

62.アクロバット

66.しっぺがえし

68.ギガインパクト

86.くさむすび

87.いばる

88.ねごと

89.とんぼがえり

90.みがわり

96.しぜんのちから

99.マジカルシャイン

100.ないしょばなし

タマゴ

あまえる

こうごうせい

くさぶえ

フェイント

つぼをつく

じゃれつく

アマージョの育成論!ラランテスと被ってる!?

スポンサーリンク

合計種族値が異なっていますが、

アマージョとラランテスは種族値の構成や技が似通っています。

 

後はタイプ一致攻撃の威力も異なります。

 

ラランテスは超火力のソーラーブレード、

アマージョは物理型の妨害が出来るトロピカルキック。

似ているようで否なる存在同士なので、アマージョはラランテスと異なり、

妨害役をメインにする育成論が有用だと考えています。

S70以下の妨害

特性:じょおうのいげん

性格:ようき

努力値:H-4 A-252 S-252

技:トロピカルキック・とびひざげり・フェイントorなげつける・フラフラダンス

持ち物:ヤチェのみorかえんだま

 

素早さ種族値70前後の物理型のポケモンに対して圧力を掛けます。

この辺りの素早さを持つポケモンは大抵が優秀だからです。

特にメガメタグロス、メガバンギラス辺りの妨害がメインです。

 

メガメタグロスが相手ならば、かえんだまを投げつけ、トロピカルキックで無力化します。

更にじょおうのいげんにより、バレットパンチを受け付けません。

更にフラフラダンスで混乱もさせます。

仮に交代されたとしても、フラフラダンスで相手の精神に圧力が掛かります。

 

メガバンギラスはHPに努力値が振られていることがほとんどなので、

とびひざげりでも確定2発という欠点があります。

一応こだわりハチマキなら確1ですが、採用しません。

 

それとドンファンはほぼ確実に倒せます。

カイリキーはスカーフ型が多いですし、こんじょうの場合があるので、

かえんだま+なげつけるが成立しない場合があるので、カイリキー相手は不安定になります。

読者投稿育成論

コメント欄にこんな育成論があったら、投稿してみて下さい。

承認制でありますが、育成論を掲載させていただきます。

ネタでもガチでも構いません。

スポンサーリンク