スポンサーリンク

XYからファイアローと並んで大暴れしていたギルガルド。

その強さはサンムーンに入っても健在であった!!

 

11月26日現在、レートでは使用率トップに登るほどの人気ぶりであります。

ギルガルドがトップに居続ける光景には、同期のファイアローが涙目です。

そしてガブリアスはサンムーンに入っても相変わらず強かった。

というかサンムーンに入って強化されてしまった!

ギルガルドのデータベース

ギルガルド 育成論 サンムーン 強化

タイプ:ゴースト・はがね

種族値(シールド)H-60-A-50-B150-C50-D150-S60=520

種族値(ブレード)H-60-A-150-B50-C150-D50-S60=520

特性:バトルスイッチ

 

ご存知の通り、ギルガルドは種族値を切り替えて戦うポケモンです。

シールドフォルムの時に補助技で相手を牽制したり止めたり、

ブレードフォルムにチェンジして超火力で相手をなぎ倒す強いポケモンですので、

XYの時から対策が必須です。

 

サンムーンで何が強化されたのかは、後述することにします。

ギルガルドの覚える技

レベル

1.れんぞくぎり

1.おいうち

1.ボディパージ

1.かげうち

1.きりさく

1.てっぺき

1.つじぎり

1.パワートリック

1.アイアンヘッド

1.もろはのずつき

1.つるぎのまい

1.つばめがえし

1.キングシールド

1.せいなるつるぎ

 

わざマシン

6.どくどく

10.めざめるパワー

11.にほんばれ

17.まもり

18.あまごい

21.やつあたり

27.おんがえし

30.シャドーボール

32.かげぶんしん

40.つばめがえし

42.からげんき

44.ねむる

45.メロメロ

48.りんしょう

54.みねうち

59.ぶんまわす

65.シャドークロー

68.ギガインパクト

75.つるぎのまい

80.いわなだれ

87.いばる

88.ねごと

90.みがわり

91.ラスターカノン

 

100.ないしょばなし

タマゴ

ワイドガード

かげうち

みちづれ

きんぞくおん

 

※ぶんまわす

タイプ:あく・威力:60・PP20

自分以外を攻撃

※キングシールドの強化部分

今まで:接触技を受けた時に相手の攻撃を2段階下げる

サンムーン:上記に加え、無効化される技でも接触技なら適用される。

ギルガルドの育成論!サンムーンでの強化がヤバイ!

というわけでキングシールドの強化により、

ねこだましでキングシールドを透かすという戦法が取れなくなりました。

これによってギルガルドは更に暴れまわっています。

もう一度言いますが、ファイアローは涙目になっています。

 

育成論についてですが、基本的にXY時代とほとんど変わりません。

ぶんまわすを習得することができますが、まず需要は無いでしょう。

どくみが型

スポンサーリンク

特性:バトルスイッチ

性格:おくびょう

努力値:H-232 C-24 S-252

技:どくどく・みがわり・シャドーボール・キングシールド

持ち物:たべのこし

 

個人的に最近のギルガルドの育成論で人気のある型だと思っています。

XY時代にこの型を愛用していた方もいらっしゃることでしょう。

 

ただし、サンムーンからはエンニュートというはがねキラーが登場したので注意が必要です。

特性ふしょくによる、はがねタイプのどく状態に加え、アンコールで動きを制限してきます。

 

後はテッカグヤにも注意する必要があります。

同じはがねタイプで耐久育成ができる上に、だいもんじを撃ってくる場合があります。

じゃくてんほけん型

特性:バトルスイッチ

性格:いじっぱり

努力値:H-252 A-4 C-252 

技:せいなるつるぎ・シャドーボール・かげうち・キングシールド

持ち物:じゃくてんほけん

 

何処にでもあるようなギルガルドのじゃくてんほけん型ですが、

サンムーンでじゃくてんほけんを発動させやすくなりました。

何故ならZワザはまもる系の技を貫通し、ダメージを25%軽減した数値を受けます。

つまりじゃくてんほけんが発動させやすい状況になったわけです。

 

相手からすれば、「ギルガルド来たからZワザで仕留めてやる!」と意気込んでも、

キングシールドで軽減された上にじゃくてんほけんが発動し、

逆に無双されかねない状況を作り出すこともできます。

読者投稿育成論

コメント欄にこんな育成論を考えましたというのがありましたら、コメントしてください。

承認制ではありますが、育成論を掲載させていただきます。

尚、ネタでもガチでも構いません。

スポンサーリンク