スポンサーリンク

可愛い見た目ですが、シェードジャングルのぬしポケモンとして登場し、

多くのプレイヤーを地獄に送りつけたラランテス。

 

私はガーディで戦わせたので苦戦はしませんでしたが、

ポワルンとの連携プレイが中々エグイですよね。

これは無対策で行くと軽くやられてしまいます。

 

そんだけ強いのだから、対戦で使ったらどうなるのよ?

というわけで育成論考えてみました。

ラランテスのデータベース

ラランテス 育成論 強い

タイプ:くさ

H-70-A105-B90-C80-D90-S45=480

特性:リーフガード・あまのじゃく(夢)

 

ラランテスは良く言えばバランス型

悪く言えば中途半端な種族値をしています。

特性からして晴れパで戦うことは確実です。

 

正直対戦だとリーフガードってあんまり歓迎されないのですよ。

状態異常無効って素敵だけど、ようりょくそが大正義なんですよね。

 

ちなみにあまのじゃくにする必要は全くありません。

あまのじゃくに対応する技がリーフストームしかないので、

あまのじゃくにすると、ジャローダの劣化版になってしまいます。

ラランテスの覚える技

レベル

1.はなふぶき

1.シザークロス

1.れんぞくぎり

1.このは

1.はっぱカッター

5.このは

10.はっぱカッター

14.せいちょう

19.ねをはる

23.リーフブレード

28.こうごうせい

32.きりさく

40.あまいかおり

47.ソーラーブレード

55.にほんばれ

 

※ソーラーブレード

タイプ:くさ・威力:125・PP10

1ターン力を溜め、2ターン目に攻撃する。

晴れだと溜め無しで攻撃できる。

わざマシン

4.めいそう

6.どくどく

10.めざめるパワー

11.にほんばれ

15.はかいこうせん

17.まもる

20.しんぴのまもり

21.やつあたり

22.ソーラービーム

27.おんがえし

28.きゅうけつ

31.かわらわり

32.かげぶんしん

42.からげんき

44.ねむる

45.メロメロ

47.ローキック

48.りんしょう

49.エコーボイス

53.エナジーボール

54.みねうち

56.なげつける

66.しっぺがえし

68.ギガインパクト

75.つるぎのまい

81.シザークロス

84.どくづき

86.くさむすび

87.いばる

88.ねごと

90.みがわり

96.しぜんのちから

100.ないしょばなし

タマゴ

ギガドレイン

ウェザーボール

アロマセラピー

きりばらい

リーフストーム

ラランテスの育成論!ぬしでなくても強い筈!

スポンサーリンク

ラランテスは、ぬしポケモンとしての強さが印象に残ったわけですが、

対戦で使うとあんまり強くない性能になってしまいます。

(HPが不安要素)

 

唯一ラランテスが強いと言える部分は、専用技のソーラーブレードです。

ソーラーブレードは威力が125ということで、くさタイプの物理で最大威力の技です。

 

攻撃種族値91のナットレイがのろいで積み、

パワーウィップで殴りに行く姿を知っているのであれば、

攻撃種族値105から繰り出されるソーラーブレードの威力は凄まじく強いです。

 

シングル型

特性:リーフガード

性格:いじっぱり

努力値:H-252 A-172 D-84

技:ソーラーブレード・きゅうけつ・どくづき・つるぎのまい

持ち物:オッカのみorパワフルハーブ

 

1番手のポケモンがにほんばれを使い、

ラランテスに上手いこと交代することからこの戦いが始まります。

 

つるぎのまいを使うことでナットレイ以上の火力が出ますが、

2度手間なので、成功率が低いです。

どうしてもということなら、パワフルハーブでも持たせましょう。

 

特防に努力値を振るのは、

スイクンを相手する事を想定し、攻撃を少しでも受けられるようにするからです。

尚、つるぎのまいを使わない場合、HB極振りのスイクンは確定2発です。

ダブル型

特性:リーフガード

性格:いじっぱり

努力値:H-252 A-172 B-84

技:ソーラーブレード・きゅうけつ・ローキック・どくづき

持ち物:とつげきチョッキ

 

相方は1月以降に解禁される通常のキュウコンにしましょう。

こちらも耐久に振っておく感じです。

ローキックで後続に繋げることも視野に入れています。

読者投稿育成論

コメント欄にこんな育成論を考えましたというのがありましたら、コメントしてください。

承認制ではありますが、育成論を掲載させていただきます。

尚、ネタでもガチでも構いません。