スポンサーリンク

ポケモンサンムーンにて、ナットレイの再来を彷彿させるポケモンが登場しました。

そのポケモンの名はダダリン。

釣りで1%の確立でしか登場しないレアポケモンです。

 

このダダリンがジュナイパーの地位を脅かしかねない強力なポケモンということで、

全国のジュナイパー使いは頭を悩ませることになるでしょう。

とにかく強いので育成論を考えます。

後々対策が必須になるでしょう。

ダダリンのデータベース

ダダリン 育成論 ジュナイパー

タイプ:くさ・ゴースト

H-70-A131-B100-C86-D90-S40=517

特性:はがねつかい

※はがねつかい:はがねタイプの技の威力が1.5倍になる。

 

特攻の種族値の数値が余計ですが、

基本的に種族値に無駄が無くて高水準です。

ナットレイの耐久を落として攻撃的にしてみましたって感じです。

 

最大の特徴は、特性はがねつかいによる、

はがねタイプの技がタイプ一致の威力で放てることです。

ダダリンの覚える技

レベル

1.すりかえ

1.すいとる

1.せいちょう

1.こうそくスピン

1.おどろかす

5.メガドレイン

9.まきつく

14.ジャイロボール

18.きんぞくおん

23.ギガドレイン

27.うずしお

32.アンカーショット

36.シャドーボール

41.エナジーボール

45.たたきつける

50.ヘビーボンバー

54.ゴーストダイブ

59.パワーウィップ

 

※アンカーショット

タイプ:はがね・威力80・PP10

相手は逃げたり交代することが出来なくなる

わざマシン

6.どくどく

10.めざめるパワー

11.にほんばれ

15.はかいこうせん

17.まもる

18.あまごい

21.やつあたり

22.ソーラービーム

26.じしん

27.おんがえし

30.シャドーボール

32.かげぶんしん

34.ヘドロウェーブ

42.からげんき

44.ねむる

45.メロメロ

46.どろぼう

48.りんしょう

53.エナジーボール

59.ぶんまわす

63.さしおさえ

65.シャドークロー

68.ギガインパクト

75.つるぎのまい

78.じならし

80.いわなだれ

86.くさむすび

87.いばる

88.ねごと

90.みがわり

91.ラスターカノン

94.なみのり

100.ないしょばなし

ダダリンの育成論!ジュナイパーと被っているから比較される!

スポンサーリンク

ダダリンがジュナイパーと差がついてしまう部分があります。

それはタイプ・専用技の効果が全く同じであるということです。

それでいて意味不明な種族値配分のジュナイパーと、

特攻以外無駄がないダダリンでは、差がついてしまいます。

 

ダダリンは鈍足なので、育成論は基本的に重量級の構成でいいと思います。

チョッキ型

性格:ゆうかん

努力値:H-252 A-252 B-4

技:アンカーショット・パワーウィップ・じしん・シャドークロー

持ち物:とつげきチョッキ

 

ダダリンの型でメジャーになりそうな育成論です。

最遅にしているので、トリックルームで戦わせても良いです。

ハチマキ型

性格:ゆうかん

努力値:H-252 A-252 B-4

技:アンカーショット・パワーウィップ・じしん・シャドークロー

持ち物:こだわりハチマキ

 

上記の育成論の持ち物を変えただけです。

完全にヤケモン仕様ですな。

ダブルでのトリパ

性格:ゆうかん

努力値:H-252 A-252 B-4

技:アンカーショット・パワーウィップ・じしんorいわなだれ・シャドークローorまもる

持ち物:とつげきチョッキ

 

ダブルでトリパならいわなだれを採用してもいいかもしれませんね。

どうしてもダダリンは攻撃パターンが単純になってしまいますが、地味に効いてきます。

読者投稿育成論

コメント欄にこんな育成論を考えましたというのがありましたら、コメントしてください。

承認制ではありますが、育成論を掲載させていただきます。

尚、ネタでもガチでも構いません。

ルナさんより

性格れいせい
持ち物とつげきチョッキ
H252/C252/B4

ラスターカノン/エナジーボール/アンカーショット/シャドーボール
無駄に高いCを逆手に取りBの高い相手にも優位性を取れるように設計
パワーウィップなどが信用ならないため安定するエナジーボールを採用
器用貧乏になる可能性もあるが耐久性は高めなので若干の無理は通るはず

 

敢えて特攻に努力値を降ることによって安定性を求めている感じですね、

攻撃・特攻が共に実数値が150越えているので戦えそうではありますね。

ルナさん、ありがとうございましたー。

ゆのさんより

育成論…までは到達していないのですが、アンカーショットのキャッチ機能を利用してこんな型はどうでしょう

のんきHBD調整@食べ残し
アンカーショット/毒毒/守る/ギガドレイン

コンセプトとしてはキャッチ後にどくまもと回復でスリップダメで削っていくというスタイルです
決して低くないCからの一致ギガドレは割とありだと思います

完全にダダリンを耐久型ポケモンとして扱い、ジワジワと削っていく型ですね。

個人的にダダリンのC86を軽視していましたが、

以外に使えるという意見が多くて少し見直してみようと思いました。

ゆのさん、ありがとうございました。

スポンサーリンク